14 将来、店を開きたいから貯金をしているのだけれど予定よりも貯金が遅れている

店を開くためには、借金をするより貯金を使ったほうがいいのは確かです。
必ず成功するという保証がない以上、失敗して多額の借金を抱えてしまう可能性はあります。
一部を借金でカバーするのはありですが、なるべく貯金の割合は増やしておきたいものです。
予定よりも貯金が遅れている状況にあるなら、家計診断をしてムダがあれば見直していくことも必要でしょう。
お金が貯まらない方に共通するのは、自分ではあまりお金を使っていないと考えていても、実際はかなり使っていることです。
そもそも使っていないのに、お金に羽が生えて逃げていくことはありません。

ムダ使いをせず節約も心がけているのにお金が貯まらない場合は、金運に問題があるのかもしれません。
金運が低下していると、何をしても空回りしてしまうものです。
人生においては何をしてもうまくいかない時期が一度や二度はあるものです。
お金の場合も同様で、何故かまったく貯まらない時期はあります。
そういう状況こそ、金運アップグッズを活用してみるべきでしょう。
金運アップ護符を財布に入れて、金運を呼び寄せていきましょう。
金運アップと同時に、他の運気も引き寄せることができるはずです。
運気が悪いときは、悪い運から先に使っていると考えてみることです。